「うみうらら地どれ海幸丼」全店実食レポート!随時更新

4月26日(金)〜6月30日(日)の期間限定『うみウララ 地どれ海幸丼 』が開催されています!
内容は、地どれのものを使った海鮮丼に、汁物、小鉢一品〜二品で、料金は1,500円(税込)〜1,800円(税込)と、とてもリーズナブル!
10連休の長期ゴールデンウィークには、参加7店舗すべてにおいて連日満席となり、県内外から多くのグルメファンが訪れていました。しかし、5月から6月にかけては水温上昇とともに水揚げされる海の幸も少しずつ変化をみせることから、ちがった内容の海鮮が楽しめそうです。期間は6月30日(日)まで開催中です。
そこで、現在参加7店舗のそれぞれの内容を実食してレポートを更新。ぜひご参考にしていただければ幸いです。
なお、「要予約」となっておりますので、各店舗へのご連絡をお忘れなくお願いいたします。

うみうらら 地どれ海幸丼 紹介ページ
http://www.nobekan.jp/umiurara/2019/04/umisachi2019/

お食事処 さとう

住所:宮崎県延岡市北浦町古江2501-23
☎0982-45-2077

創業当時から大切に守り続けている自慢の「寿司飯」を用いた豪華な海鮮チラシ。北浦産の魚介類を中心に、海の幸が器いっぱいに敷き詰められています。そして、郷土料理「無縁汁(ぶえんじる=アラのみそ汁)」、店主とご家族が海で実際に収穫した手仕込みヒジキの白和えがセットされていました。
(日によって内容が異なります)

この日(4月末頃)は、メダイ・ブリ・イカ・サザエ・タイ・海老・あなご・サーモン・イクラ・卵焼きです。天候等の理由で魚種が少ない日もあるそうで、様々な海の幸を常に確保しているとの事。また、ひと目みただけでは分かりにくいのですが、刺し身の下にはレタスが隠れており、レタス巻き(サラダ巻き)のような感覚ですっきりと食べやすくなっているのが印象的でした。店主自慢の寿司飯は、刺し身との相性が良いように、また食べ飽きないように、味が濃すぎずほんのりとした甘さに整えられていました。

取材スタッフの顔の大きさと比べると分かりやすいので持たせて頂きました。

【番外編】ヒジキの仕込み風景

たまたま取材日にヒジキの仕込みを行っていらっしゃいました。うみうらら近海では、黒潮の栄養をたっぷり吸収したヒジキはひとつの葉がふっくらと大きいのが特徴で、贈答品としても人気です。大釜で何度も何度も湯がき、天日干しする作業はかなりの重労働ですが、「おいしいヒジキが食べられると思うと楽しいですよ」と笑顔で大量のヒジキを仕込んでいました。

▲撮影協力:お食事処 さとう

お食事処 臨港(りんこう)

北浦町市振(いちぶり)漁港の目の前に位置し、初代が開いた中華料理店の流れを組みながら、地元漁師が獲ってきたばかりの新鮮な海の幸・自家製干物などの海鮮定食だけでなく、体力勝負の漁師のために、七輪焼き肉やスタミナ料理まで幅広いジャンルのメニューがそろっています。
(日によって内容が異なります)

この日は、マグロ、天然ぶり、天然鯛、ガラエビ、サザエ、卵焼きです。中の良い地元漁師からその日の上質な魚を直接仕入れるので、頻繁に魚種が変わるのも楽しみの一つです。運が良ければ、珍しいものや希少価値の高いものも登場層することもあるそうです。また食べ飽きないように、サラダをセットしてリフレッシュできるような心遣いが嬉しいです。

次回は、「潮香ノ宿 高平屋」をご紹介します。