延岡観光協会

和が育んだ“美”の境地

世界初上演 「天翔あまかける神々 高天原たかまがはら物語」

日本舞踊で舞う 〜神話の源流〜

ストーリー

延岡市にゆかりの〝ニニギノミコト〟と〝コノハナサクヤヒメ〟の結婚に端を発する。高千穂の峰に降りたったニニギに思わぬトラブルが発生!神々から叱責されてしまう。ニニギは今一度、アマテラスの想いを思い起こそうと過去を紐解き始める。そこには平和と希望を胸に苦難に立ち向かい未来を切り開く神々の姿があった・・・

特別出演 藝〇座 ゲイマルザ

藝〇座 ゲイマルザ

花柳吉史加
(延岡市出身)

花柳静久郎

藤間直三

東京藝術大学日本舞踊専攻卒業生により結成された日本舞踊家集団。現在35名の舞踊家が在籍。 「丸く・楽しく・解り易く」をモットーに国内の公演、ワークショップはもとより、ニューヨークをはじめ世界各地からの招聘公演も多数。個人への指導から大劇場、映像、イベントの出演振付等幅広く活動。

作・振付・演出 花柳 達真さん(延岡市出身)

2歳より日本舞踊を始め、6歳の時延岡市にて初舞台。東京藝術大学入学と同時に4代目花柳壽輔に師事し舞踊実演と共に歌舞伎や宝塚、商業演劇の現場で振付助手として振付も学ぶ。

「祝祭劇・卑弥呼」振付、モーリスベジャール演出、バレエ「ザ・カブキ」所作指導、周防正行監督、映画「舞妓はレディ」振付など数々の作品に携わる。

宮崎に伝わる神話をテーマに「古典」と「現代」を融合させた「日本舞踊ミュージカル」とでも言うべき新感覚エンターテイメント。作・演出は延岡市出身の舞踊家・振付家の〝花柳達真〟氏。
出演は延岡日本舞踊協会員を中心に「藝○座」の特別出演、地域のこども達も多数出演する、延岡でしか上演できぬ、スペシャルなステージ。

8月1日
14:00開演 16:30終演
1 延岡総合文化センター 大ホール
入場無料(全席自由席)

※入場整理券を配布いたします
配布開始 (先行配布)5月中旬〜
配布場所 延岡総合文化センター、市役所南別館(文化課)

延岡日本舞踊協会

TEL:0982-31-1742