萬歳山 台雲寺

開創400年を数える由緒正しき寺

nophoto

萬歳山台雲寺は、福井県の大本山永平寺・神奈川県の大本山総持寺を両本山とし、滋賀県の總寧寺の流れを組む、曹洞宗のお寺です。

江戸時代には、延岡領内各地の寺院の復興・開山につとめて東・西臼杵郡内に49ヶ寺、児湯郡内に1ヶ寺の末寺をもつ本寺となり、今もなお宮崎県内の末寺44ヶ寺の本寺として、布教・修法に力を入れています。

境内には、延岡藩最後の藩主・内藤政擧(まさたか)公の墓所や、空の先駆者・後藤勇吉の墓所、文政年間奈良薬師寺のものを転写した佛足石・佛足石歌碑があり、また、歌人・若山牧水が『なつかしき城山の鐘鳴いでぬ をさなかりし日聞きしごとくに』の詠草を残した場所としても有名で、若山牧水の歌碑がた てられています。

インフォメーション

住所延岡市北小路3739
電話0982-32-2251
URLhttp://daiunji-nobeoka.or.jp
アクセスマップ