芸術

ばんば踊り

ばんば踊りとは

「ばんば踊り」は、『鐘が鳴る鳴る城山の鐘が、あれは三百年時打つ鐘よ…』の歌詞で知られている「新ばんば踊り」とは異なり、口説唄で物語風に長い歌詞をもつ踊りで、江戸時代から伝わっていると言われる伝統芸能であり、その起源は延岡のそれぞれの地区で踊られていた盆踊りである。

盆踊りについて

「盆おどり」が文献に出てくるのは室町時代であるが、盆踊りは念仏踊りから発展したもので、念仏踊りは平安時代に空也上人(くうやしょうにん)が教えを広めるために躍動して踊る形式を始めた。

さらに、鎌倉時代になって一遍上人(いっぺんしょうにん)が信州(長野県伴野村)踊り念仏を始めた。

これが、民衆の共感を呼び、盆行事や豊作感謝、雨乞いなどと重なり合い、また、人情、仇討ち、出世物語などの音頭(口説)が念仏の代わりに流されるようになっていった。

盆踊りは民衆が祖先の霊を慰め、豊かな実りを願って、その全身で伝承してきたものである。

延岡の盆踊り(ばんば踊り)の起源

延岡に伝わる「ばんば踊り」は、その踊りに使われる「音頭(口説)」の内容から相当古いものと考えられているが、一説には江戸時代後期に盛んになったと言われている。
それは、踊りと密接な関係にある音頭(口説)の文句に、江戸後期に民衆文化として親しまれた歌舞伎、浄瑠璃の内容がふんだんに盛り込まれてるからである。

踊りの中核となる音頭(口説)として延岡の場合、「白石ばなし」など多数ある。

また、その音頭は、明治末期までは堤防工事や橋梁工事、護岸工事などの地固めや杭打ちの際にも労働歌としても使われた。

延岡のばんば踊りはどこから?

日豊線開通(大正11年)以前は、延岡の政治・経済・文化や物品が海運(千石船)によってもたらされた。すなわち、土々呂、東海の港が代表するが、中でも大武港、東海港は古くから播州赤穂(ばんしゅうあこう、現在の兵庫県)との交流の拠点であり、徳川時代には参勤交代のため欠くことのできない港であった。
延岡の「ばんば踊り」は、その千石船を通して大武港や東海港に伝わり広がっていった。

ばんば踊りの語源

①踊りと切っても切れないものが音頭であるが、延岡の「ばんば踊り」は、兵庫節とも言われる。
 千石船で播州赤穂から様々なものが入ってきているが、その際、その「播州踊り」がなまって「ばんば踊り」になったという説。

②江戸時代に、時の藩主が豊作を祝うために「馬場(ばんば)」に農民達を集めて盛大な盆踊り大会を開いた。
 それ以来、盆踊りの呼称が「馬場踊り」となり、さらに「ばんば踊り」になったという説。
 ※実際に東京都にも「新馬場(しんばんば)」という地名が実在する。

③九州東部の方言で、「激しい」、「にぎやか」というのを「ばんばん」という。
 そういう激しい踊りということで呼ばれたという説。

「ばんば」の語源については3説があるが、播州赤穂との経済交流があったことなどから、「播州踊り」がなまって「ばんば踊り」になったという説が有力となってきている。

新ばんば踊りの誕生秘話

 「ばんば踊り」は古くから伝えられてきた盆踊りの一種であるが、戦争中の空白もあって音頭をとる人も少なくなっていた。
戦後の混乱が収まるにつれ、各地のお盆行事も復活し、「ばんば踊り」も行なわれるようになる中で、「延岡のばんば踊りの音頭に地方色を加えて、誰でも楽しめる歌詞にし、全ての市民が踊れ、見物人がいない踊りの輪となるように」という意見が昭和27年頃に起こった。

こうした声を受け止めた当時の延岡市長 折小野良一(おりおの りょういち)は、小倉の「ぎおん太鼓」や徳島の阿波踊り」など市民総参加で情熱を傾ける姿を延岡にも植えつけたいと、延岡市出身の音楽家、権藤円立氏と話し合い、同じく延岡出身の作曲家で、松竹歌劇団の演出家であった並岡龍司氏に相談。
『伝統のばんば踊り』に新しい命を加えようということになった。

こうして、昭和37年にお亡くなりになられた故・村田英雄氏を歌い手として、「新ばんば踊り」が誕生した。

※伝統の「ばんば踊り」を基調にし、地方色を盛り込み、現代調を加えた「新ばんば」の歌詞と踊りは人気を集め、急速に普及していく一方で、「ばんば踊り」は伝統芸能として延岡市郷土芸能保存会(昭和46年結成)により、大切に伝承されている。